FC2ブログ
安光歯科 口腔外科・矯正歯科 BLOG | 高知県いの町の歯医者さん
いの町・高知市・南国市・土佐市・春野町・日高村などの皆様へ!  虫歯・歯周病・義歯・審美歯科・ホワイトニング・インプラント・矯正歯科の歯医者さんです。
プロフィール

安光歯科

Author:安光歯科

高知県いの町天王南の歯科医院 安光歯科BLOGにようこそ!

ご予約・問い合わせ
088-891-6488
インプラント無料相談
088-891-6481

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

第41回 日本口腔インプラント学会学術大会  (その3)
DSCF0685_convert_20110921122433.jpg



今回 名古屋で開催されました、

インプラント学会総会 にて

以下の内容の研究発表 を行いました。


DSCF0684_convert_20110921130546.jpg



ショートインプラントの臨床的研究
 第1報 傾斜埋入との比較検討

○安光 秀人, 江原 雄二, 神田 省吾, 大西 吉之, 山上 哲
京都インプラント研究所

Clinical study of short implant
1st report  Comparison of short implant and intentional inclined installation technique
○YASUMITSU H, EHARA Y, KANDA S, OHNISHI Y, YAMAGAMI A
Kyoto Institute of Implantology

Ⅰ目的: 従来より骨内長10mm以上のインプラントに比較し,8
mm以下のショートインプラントのサバイバルレイトの低さが指
摘されてきた.しかしショートインプラントを用いることで,ソケ
ットリフトなどにおける上顎洞穿孔や下顎管損傷のリスクを減少
させることができる.また傾斜埋入は残存する既存骨を最大限活用
することによって,骨移植等の外科的侵襲を回避することが可能と
なり,患者の負担を軽減できる.今回,我々は傾斜埋入とショートイ
ンプラントの臨床的評価を行った.

Ⅱ材料および方法: 今回使用したインプラントはPOIシステム
(2ピースインプラント,3ピースインプラント,EX)とし,対象
は1992年4月から2011年3月までに来院した患者で,ショートイン
プラントあるいは傾斜埋入を行った患者158人・285本(上顎16
0本,下顎120本)を対象とした.方法としては埋入したインプラン
トサイズと部位・インプラント生存期間・補綴様式について3歯
科医療施設(江原歯科医院・神田歯科診療所・安光歯科)におけ
る埋入インプラントのべ数を用いて調査した.

Ⅲ結果: ショートインプラントを埋入した症例では63人・75本
(上顎34本,下顎41本)を対象とした.除去本数は5本(上顎3本,下
顎2本)あり,サバイバルレイト93.4%(上顎91.2%,下顎95.2%)
であった.またショートインプラントの補綴物はすべて複数インプ
ラントを連結した補綴物であった.傾斜埋入においては95人・20
5本(上顎126本,下顎79本)が対象となり,除去本数は8本(上顎
2本,下顎6本)でサバイバルレイトは96.1%(上顎98.4%,下顎92
.4%)であった.傾斜埋入された症例の補綴物は単独植立7例・連
結冠97例・オーバーレイデンチャー2例であった.

Ⅳ考察および結論: 傾斜埋入およびショートインプラントにお
いても隣接インプラントと連結することにより良好なサバイバル
レイトが得られていた.特に上顎においては傾斜埋入が98.4%とシ
ョートインプラントより良好な値を示し,下顎においてはショート
インプラントが95.2%と傾斜埋入より良好な値を示した.またショ
ートインプラントの症例はすべてが隣接インプラントとの連結冠
であったのに対して,傾斜埋入は単独植立症例が7例・オーバーレ
イデンチャー症例に2例が使用されており,ショートインプラント
より多様な補綴がなされていた.


DSC03405_convert_20111004101229.jpg


とにかく落ち着いて  、伝えたいことをはっきり話すことを心掛けました。


DSC03422_convert_20111004101346.jpg


当初予定していた時間より1分ほど  早く発表し終わりました。

やはり緊張して  少し早口になったかと思いました。


今まで地方会では2回ほど発表経験  がありますが、

やはり本大会は独特の雰囲気  だと感じました。


DSC03419_convert_20111004102947.jpg


発表終了後、山上先生に発表に関する反省点  と

ねぎらい  のお言葉をいただきました。


本当にありがたいことで、感謝・感謝の気持ち  でいっぱいです。

その後、研究所所員の先生方と記念写真  を撮らせていただきました。


DSCF0681_convert_20110921130451.jpg



研究内容については、抄録  に示すとおりですが、

データ  の収集・取りまとめ等については、

共同研究者の先生方との繰り返す  

ディスカッション  の中でヒントになる意見交換があり、

発表内容の補足やスリム化  などいろいろと時間がかかりました。



DSCF0688_convert_20110921122653.jpg


また、「歯科インプラントのメインテナンスガイド」の活用 

と題して、研究所からポスター発表  された高原先生。


DSCF0711_convert_20110921123036.jpg


座長の先生の質問  にも的確に説明をされ、

非常にわかり易かったです  。。


DSCF0697_convert_20110921122919.jpg


そして、ポスター発表の座長  を務められた神田先生。

鋭い切り口  奥深い思慮  には、いつもながら頭が下がります。。



DSCF0650_convert_20110921121829.jpg


なにはともあれ、私自身も無事、本大会(インプラント学会)  で

発表を終えることができてホッと  しています。



スポンサーサイト



▲TOP

歯科医師求人案内

当院で一緒に働きませんか!?
常勤および週3回までの非常勤歯科医師の募集です。勤務条件などは当院院長まで直接お電話でお問い合わせください。
医院見学も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。
日本口腔インプラント学会の認証医・専門医の取得、歯科インプラントの技術習得など丁寧にサポートいたします。

検索フォーム

リンク

安光歯科Blogをリンクに追加

QRコード

QRコード